FEDがゴールド、金鉱株を突き上げる by Zeal 前半

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


Fed Gooses Gold, Miners

Adam Hamilton    
December 21,
2018     3598 Words


 

The
dovish Federal Reserve lit a fire under gold and its miners’ stocks
this week.  As universally expected the FOMC hiked rates for the 9th
time in this cycle.  But it also lowered its 2019 rate-hike outlook
bowing to the stock-market selloff.  Traders dumped gold initially
thinking that wasn’t dovish enough.  But market reactions to the
FOMC form over a couple days, and gold surged overnight.  Its
post-Fed rally has great potential.


FEDのハト派姿勢がゴールドや金鉱株に火を付けた。今週のFOMCで誰もが予想していた9度目の金利引き上げが実行された。しかし2019年の金利引き上げ見込みを引き下げた、株式下落に配慮してのことだ。当初トレーダーはゴールドを売った、まだ十分にハト派的ではないと解釈したからだ。しかし二日後にはFOMCに対し市場が反応し、ゴールドは急騰した。このFOMC後のラリーは大きな潜在力を持っている。


 


Gold-futures speculators dominate gold’s short-term trading action. 
They punch way above their weight in capital terms thanks to the
extreme leverage inherent in gold futures.  This week, the minimum
margin for trading each 100-ounce contract controlling $125,000
worth of gold at $1250 was just $3400!  These traders can run crazy
maximum leverage as high as 36.8x, compared to the stock
markets’ legal limit of 2x.


ゴールド先物投機筋がゴールドの短期的な価格を動かす。ゴールド先物固有の極端なレバレッジのために彼らの資金以上の影響力がある。今週時点で、$125,000相当の100オンス契約に必要な証拠金はわずか$3400だ!投機筋のレバレッジは常軌を逸しており36.8xにもなる、株式市場の法定上限は2xでしかない。


 

At
10x, 20x, or 30x leverage, every dollar of capital deployed in gold
futures has 10x, 20x, or 30x more price impact on gold than a dollar
invested outright.  Further compounding speculators’ hegemony over
gold prices, gold’s world reference price derives directly from US
gold-futures trading.  Naturally extreme leverage means extreme
risk
.  At 37x a mere 2.7% gold move against positions wipes out
100% of capital risked!


レバレッジが、10x,20x,30xということはゴールド先物市場でそれに応じた資金力を行使できる。投機筋のゴールド価格への影響力が大きいほどに、米国ゴールド先も市場の価格が基準となる。極端なレバレッジということは当然極端なリスクを伴う。37xということは意図した方向とは逆にゴールドが2.7%動くと資金を100%失う!


 

In
order to survive, gold-futures traders are forced to have an
ultra-short-term focus.  Their time horizons are measured in hours,
days, and maybe weeks instead of months and years.  And there is
nothing that motivates them to trade aggressively like meetings of
the Fed’s Federal Open Market Committee.  Gold volatility often
surges in their wakes, as speculators watch the US dollar’s reaction
and do the opposite in gold.


生き残りのために、ゴールド先物トレーダは超短期的な視野で売買せざるを得ない。彼らの時間軸は、数時間、数日、もしくは数週程度だ、決して月とか年のレベルではない。そして彼らはFOMCで大きく判断を変える。彼らの行動でゴールドボラティリティが急増することが度々だ、投機筋は米ドルの動向をみておりこれとは逆にゴールドに対応する。


 


Gold-futures speculators are convinced Fed rate hikes are bearish
for gold because they are bullish for the US dollar.  They logically
reason that the higher prevailing US interest rates, the more
attractive the US dollar becomes relative to other currencies.  And
a stronger dollar usually means weaker gold since they are competing
currencies.  That all sounds rational, but the big problem is
history doesn’t bear this out.


ゴールド先物投機筋はFED金利引き上げがゴールドにマイナス効果だと信じ込んでいる、というのも彼らは米ドルに強気だからだ。彼らの論理は米国高金利がより米ドルを魅力的にするというものだ。そして彼らはゴールドを対ドル競合通貨としてみなすので、強いドルは弱いゴールドとなる。彼らの論理は筋が通っているように見える、しかし大きな問題は歴史を見るとこれとは逆なのだ。


 

The
FOMC started today’s rate-hike cycle way back in mid-December 2015,
raising the federal-funds rate for the first time in 9.5 years. 
Gold-futures speculators fled leading into that, ultimately crushing
gold to a deep 6.1-year secular low of $1051 the day after.  But
that oversold extreme marked the birth of a new bull market that
would catapult gold 29.9% higher over the next 6.7 months!  That
same bull persists today.


今回の金利引き上げが始まったのは2015年12月半ばのことだ、9.5年ぶりの引き上げとなる。ゴールド先物投機筋はこのFOMCにむけて逃げ出した、結果として6.1年ぶりの安値$1051としたのはFOMC翌日だった。しかしこの極端な売られ過ぎが新たなブル相場を生み出し、その後6.7か月で29.9%もゴールドは上昇した!このとき生じたブル相場が今も続いている。


 

In
the 3.0 years since which includes this week’s 9th Fed rate hike of
this cycle, gold is still up 18.1% and the US Dollar Index is down
2.1%.  That’s no anomaly either.  This is actually the Fed’s 12th
rate-hike cycle since the early 1970s.  During the exact spans of
the prior 11, gold
averaged strong
gains
of 26.9%!  That was an order of magnitude higher
than the stock markets’ 2.8% average gains per the flagship S&P 500.


その後3.0年で、今週も含みFEDは9度金利引き上げを行った、ゴールドは18.1%上昇し米ドル指数は2.1%下落している。これは決してアノマリではない。1970年代以来でFEDは12回の金利引き上げサイクルを実行した。前回までの11回において、ゴールドの平均上昇率は26.9%だった!この値はS&P500の平均上昇率2.8%と一桁違う。


 


Gold-futures speculators either don’t know market history or their
extreme leverage forces them to run as a herd no matter how
irrational that stampede is.  They can’t afford to be wrong for long
or risk suffering catastrophic losses.  This week they apparently
expected the FOMC to prove even more dovish on future rate hikes
than it was.  That led to volatile gold action surrounding this
latest critical Fed decision on rates.


ゴールド先物投資家は市場の歴史を知ろうとしないし、極端なレバレッジのためにどれだけ非合理的に極端になっても群衆行動をする。彼らは長期間間違うことができず、壊滅的なリスクも許されない。今週の出来事で言うと、彼らは明らかにFOMCがもっとハト派であることを期待していた。このため今回のFED決定をめぐるゴールドの動きは乱暴だった。


 

The
FOMC meets 8 times per year, about every 6 weeks.  But up until now,
only every other meeting was accompanied by a Summary of Economic
Projections and followed by the Fed chairman holding a press
conference.  That meant the Fed was only “live”, likely to hike
rates, once a quarter at that every-other meeting.  Incidentally
Jerome Powell will start holding press conferences after every
meeting
starting in January.


FOMCは年に8回開催される、6週ごとだ。現在までのところ、FED議長記者会見と経済見通しが開示されるのは二回に一回だ。というわけで四半期に一度FEDは「実況ライブ」発表する。ちなみにJerome Powellは1月のFOMCから毎回記者会見を行う。


 

That
decision was made in mid-June, it had nothing to do with the recent
stock-market volatility.  Since the Fed doesn’t want to spook
traders and ignite selloffs, rate hikes are well-telegraphed in
advance.  3 weeks after each FOMC meeting, its full minutes are
released.  They are long and detailed, offering all kinds of clues
about whether top Fed officials are thinking about hiking rates at
their next FOMC meeting.


このことは6月半ばに決めた、最近の株式市場の変動とは関係ない。FEDはトレーダーを驚かし売却のきっかけとなることを望んでいないため、金利引き上げは事前に十分に周知させている。FOMC後3週で、議事録はすべて開示する。その内容は詳細に渡る大部のもので、FED高官がどう考えているかを解説している、次のFOMCでの金利引き上げに関する姿勢だ。


 


Market-implied Fed-rate-hike odds are always available through
federal-funds futures trading.  The big wildcard at each live FOMC
meeting is a part of the SEP known as the “dot plot”.  It collates
where each individual top Fed official personally expects the
federal funds rate to be in each of the next several years and
beyond.  It’s literally a bunch of dots plotted on a table, hence
the name.  It can really move gold futures.


市場が織り込むFFRはいつでもfederal funds先物で参照できる。ライブFOMCにおけるワイルドカードは「ドットプロット」と呼ばれる将来予想だ。ここでFED高官の個人的な今後数年に渡る適正金利をまとめて示す。このデータは文字通り多くのドットを表にしたものだ。これが実際にゴールド先物を動かす。


 


Though Powell and other FOMC members stress the dot plot is not an
official rate-hike forecast or outlook by the Fed, traders
universally use it as such.  A hawkish dot plot implies more future
rate hikes than the previous one, and dovish less.  Gold, currency,
and stock-index futures speculators trade aggressively based on the
quarterly changes in the dot plot.  FOMC statements and press
conferences also play roles.


Powellや他のFOMCメンバーはこのドットプロットが将来のFED金利引き上げの公式見解ではないと強調するが、トレーダーはだれもそれを額面通りに受け取る。タカ派ドットプロットと言うことは将来においてこれまでも多くの金利引き上げを予想するということだ、ハト派というのは逆の意味だ。ゴールド、為替、そして株式指数先物投機筋はこのドットプロットの四半期ごとの変化を注視する。FOMCプレス公開や議事録も重要だ。


 

At
the FOMC’s previous meeting accompanied by a dot plot in late
September, those forecasts implied top Fed officials expected this
week’s rate hike, another 3 in 2019, and 1 final one in 2020.  But
market conditions were way different then.  That decision came just
4 trading days after all-time record highs in the lofty
euphoria-drenched US stock markets.  Top Fed officials are boldly
hawkish when stocks look awesome.


前回ドットプロットが開示されたのは9月遅くのことだ、この時の予想では、今週の金利引き上げとさらに2019年に3度、そして2020年に1度を予想していた。しかし市場環境は当時とは大きく異なっている。前回の判断は株式が過去最高っとなった4日後のものだった、皆がまだそびえ立つ株式でeuphoriaに浸っていた。株式が高いときFED高官はとてもタカ派姿勢を示す。


 

In
early October Powell doubled down on this hawkishness, saying in an
evening speech that the federal-funds rate was “a long way from
neutral at this point, probably” and that “We may go past neutral.” 
The very next day the stock markets started sliding and haven’t
looked back since.  By this Monday that selloff had gradually
mushroomed into a moderate 13.1% correction in the S&P 500.  Many
blame it on Fed hawkishness.


10月始めにPowellはこのタカ派姿勢に念を押した、夕食会のスピーチで彼が言うにはFFRは「ニュートラルポジションとなるまでにはまだ長道のりがある、多分」そして「かつてのニュートラルポジションを目指す」と。まさにその翌日株式は下落を始め緩やかに膨れ上がりS&P500で13.1%の調整となった。多くの人はFEDのタカ派姿勢がこれを引き起こしたと攻め立てた。


 


Facing withering criticism led by president Trump himself, Powell
tried to walk back his own many-more-rate-hikes-to-come outlook in
late November after the S&P 500 had passed the 10% correction
threshold.  Powell said “Interest rates are still low by historical
standards, and they remain just below the broad range of estimates
of the level that would be neutral for the economy…”  Stock
selling was softening the Fed.


トランプ自身の批判も受けたが、11月遅くにS&P500が10%の調整を受けた後もさらなる金利引き上げをすべきという自らの信念を通そうとした。Powellが言うには「歴史的に見ると金利はまだ低い、そして各種指標をみても経済活動ニュートラルからすると少し下にある」ということだった。株式下落がFEDを多少軟化させた。


 


While traders fully expected the 9th rate hike of this cycle
Wednesday, they were sure the dot-plot outlook of future rate hikes
would be far more dovish than late September’s 5 including this
week’s.  Gold rallied nicely in anticipation, climbing from $1214
before Powell’s second speech to $1249 the day before this latest
FOMC meeting.  In the hours before this new dot plot’s release, gold
was bid to a new upleg high of $1261.


トレーダーは水曜の9度目となる金利引き上げは覚悟していたが、将来の引き上げを示すドットプロットはもっとハト派になると思っていた、9月遅くには今週を含めて5度の金利引き上げを見ていた。ゴールドはこれを見越してラリーを起こした、Powellno二度目のスピーチ前の$1214から$1249まで上昇した、FOMCが開かれる前日まででだ。ドットプロット開示の1時間前にはゴールドは更に上昇し$1261になった。


 


Market expectations were for just 1 rate hike in 2019 compared to
the previous 3 implied, followed by an actual rate cut in 2020! 
That seemed excessive, so I figured top Fed officials would kill one
of the hikes next year leaving 2 in 2019 and remove 2020’s lone hike
as well.  While this latest dot plot was indeed dovish as expected,
it wasn’t dovish enough.  2019’s outlook shrunk to 2 more
hikes, and 2020’s kept that final one.


市場の期待は2019年に1度の金利引き上げだけというもので、これまでの3度よりも遥かに少なかった、2020には金利引き下げを見ていた!これは行き過ぎと見られ、私自身はFED高官の来年2019金利引き上げは2度で2020に金利引き上げはないと見ていた。今回のドットプロットは確かにハト派であったが、まだ十分でなかった。2019年には2度の引き上げで2020年に最後の引き上げを1度するというものだった。


 



Source: ContrarianJ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今年10月初旬のRipple(リップル)カンファレンスにクリントン元大統領が登壇、基調講演を…
  2. Gold Shorts Near Record! Adam Hamilton&nb…
  3.   はーいどうも コカ・コーラの第2四半期決算と記AT&T決算がありましたので 記…
  4. 現在日本のGDPは500兆円、企業債務は1700兆円、政府債務は1300兆円、家計債務は300兆円で…
  5. As gold started falling on that deluge o…

ランキング

Rakutenランキング

ページ上部へ戻る