アル・ゴアの不都合な真実:海氷はまだそこにある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
北極海海氷は日本の衛星も継続観測しています。インターネットでも公開されているデータを見れば明らかですがこの10年ほどは減っていません、むしろ増えていると言っても過言ではないでしょう。

株式と気候変動に似ている点があります。株式は常に上がり続けると信じてもらうことでWall Streetは安定手数料収入が入ります。気候変動は危機感を煽ることで、国連職員、議員、公務員、大学のセンセイともに自らの仕事を守ることができます。しかもその財源は税金ですから敵をつくりません。さらに気候変動に関しては多くの人は「信じています」、信じるほどに強いものはありません。アル・ゴアは石油会社のオーナーでもあるわけで、ノーベル賞までもらって笑いが止まらないでしょう。

もしみなさんがどなたか専門家に気候変動専門家のコンピュータモデルに質問の機会があるなら、こういうことを聞いてみてください。

・太陽活動の400年程度の周期の変動を考慮に入れていますか?
・5000年周期程度の海流大循環の効果を取り込んでいますか?
・太陽系惑星の多体効果による軌道摂動効果を取り入れていますか?
・そのモデルで過去の気候変動を説明できますか?

大学のセンセイにとってとても良いことは、オボチャンのIPS細胞は再現実験で事の真偽が判断されてしまうのですが、地球規模の話は再現実験は不可能で、結論がわかるのは自分が引退してからなのです。事の真偽を確かめるよりもテレビや新聞を味方にすれば、研究予算を確保できます。この話とよく似ています「財政問題が顕在化するときには私はもうその責任を取る立場にはいない」、誰が言った言葉か知ってますか?

Authored by Onar Am via Liberty Nation,

Former Vice President Al Gore made a ruckus at the COP15 climate conference in December 2009 when he said that “some
of the models say that there is a 75% chance that Arctic sea ice could
be completely gone during part of the summer in only five to seven
years.”


元副大統領 Al Goreが2009年12月のCOP15気候変動会議で大混乱を引き起こした、彼はこういった「気候変動モデルによっては、北極海の海氷は今後5−7年で消え失せる可能性が75%だ。」


Now, nine years later, the ice is still there, just like the moderate scientists predicted.

現在、その後9年たつが、海氷はまだ健在だ、穏健派科学者が言ったとおりになっている。

It wasn’t just this prophesy that failed abysmally. The legacy media has not reported on it, but most alarmist predictions
have failed. The earth did not warm significantly in the last two
decades, a phenomenon that scientists refer to as the “pause” or
“hiatus” in warming, and the weather has not been getting more extreme.
Currently, the climate science community is in the awkward space between
recognizing that warming has slowed down and acknowledging that this
implies that the computer models are wrong.

ここまでお間抜けな予言は見たことがない。伝統的なメディアはこのことを伝えない、しかし殆どの警告予想は外れている。この20年、地球はそれほど深刻な温暖化に見舞われていない、科学者はこのことを温暖化「停滞」とか「ハイエタス」という、そして気候はそれほど極端にならなかった。今の所、気候学者のコミュニティでは、温暖化停滞に関して論争があり、コンピューターモデルが悪かったと言っている。

Incompetence

ロクデナシ or 無能

President Donald Trump has referred to global warming as a “hoax.”
While this, as many of his other statements, is inaccurate, it is directionally true.
It did not start as a hoax. Highly ideologically motivated scientists themselves at the center of the Intergovernmental Panel on
Climate Change (IPCC). They wanted to be right, and therefore made a few shortcuts.


トランプ大統領は地球温暖化を「デッチ上げ」と呼ぶ。彼の他の発言はまともでないが、この件に関してだけは本当だ。ただこの騒ぎの始まりはデッチ上げというものでもなかった。極端な理念に基づいた科学者がIPCCの真っ只中に首を突っ込んだ。正当化を急ぐあまり、いくつかのショートカットをしてしまった。



Until around 2000, the IPCC was still heavily influenced by objective
scientists. But in 1999, Dr. Michael Mann published a paper with a
graph that became the poster boy of climate alarmism: The Hockey Stick Graph.


2000年ころまでは、IPCCは客観的な科学者の影響を強く受けていた。しかし1999年に、Dr.Michael Mannが論文を発表した、その中のグラフが気候変動警告を好む人達のお気に入りになった:よく知られるホッケースティックグラフだ。


hockeystick-Northern-Hemisphere

It was rushed through peer review and plastered all over the IPCC’s
Third Assessment Report in 2001. After this, no-one was allowed to doubt
that humans were dramatically altering the climate. There was only one
problem with it: Mann was incompetent, and the conclusions were bogus. A
Canadian engineer called Stephen McIntyre started doing what no-one
else had done before: He looked at the data and tried to recreate the
result.

これが専門家委員会の検討を経て2001年のIPCC三次アセスメントで採用された。これ以降、人類が劇的な気候変動を迎えるという警告にだれも口を挟めなくなった。ここには唯一の問題がある:Mannは無能で、その結論はでたらめだった。Stephen McInthreというカナダ人エンジニアがこれまで誰もやらなかったことをやり始めた:彼はMannのデータをみて再現を試みたのだ。

Mann tried to smear him, but after many years one of the leading
statisticians in the U.S., Edward Wegman, was commissioned by Congress
to write a report on the Hockey Stick Graph. The Wegman Report was a
devastating blow to the credibility of Mann. The report demonstrated
that the method he had used to produce the hockey stick graph could be
used to create any shape you wanted.

Mann は彼を徹底的に中傷しようとした、しかし何年か後に米国の著名な統計学者、Edward Wegmanがあの有名なHockey Stick Graphについて議会の任命をうけて報告書を書いたのだ。この報告書によると、Mannがこのhockey stick graphをつ切り上げた手法では、好みによっていかようにもグラフの形を変えられるということだ。

The Cover-Up

隠蔽工作

The Wegman report should have ended Mann’s career, and many people in
the IPCC should have lost their jobs for sloppy work and incompetence,
but instead – because they have the media on their side – they’re still
around.

Wegman報告書によってMannのキャリアはもう終わりを告げるはずだった、そしてIPCCで働く多くの人は無能ででたらめな仕事を失うはずだった、しかし現実には違ったーー彼らはメディアを引き込みーーまだ生き残っている。

Then in 2009, someone leaked emails from this group of tightly knit
scientists, and they showed less than an honest handling of the
situation. Rather than dealing with the matter in a scientifically
rigorous manner, they tried to cover it up. This leak has been referred
to as Climategate.

そして2009年に、だれかがこのエセ科学者グループのemailをリークした、そして彼らの取扱がとても誠実でないことを暴露した。科学的に正当化できるような手法ではなく、彼らは隠蔽工作を行っていた。このリークはClimategate事件と呼ばれている。

We do not have similar information from other areas of climate
science, but some of the behavior we observe is consistent with fraud.

他の気象科学分野でこういうことは聞いたことが無い、しかし彼らの行動はまったく詐欺師と同じだ。

The 97% Consensus

97%のコンセンサス

One example is the claim that there is a 97% consensus among climate
scientists. What is rarely mentioned is that most so-called climate
skeptics fall within that 97%. Most skeptics do not believe that humans
do not affect the climate. They merely say that the warming is small
enough to be of no concern. Why do the alarmists have to falsely boost
their credibility with inaccurate claims about how many scientists
support their position?

一つ例を挙げると、気象学者のうち97%の同意を取っているという。懐疑論者がこれだけいるなかで97%のコンセンサスなどありえない。懐疑論者も、人間活動が気候に影響を与えるわけがないと信じているわけではない。彼らは単に、温暖化はあるにしても小さなものでそれほど気にすることはない、と言っているわけだ。どうして警告論者はここまで捻じ曲げて自らの主張を言い張る必要があるのだろう?何人の科学者がこの主張を支持していると言う具合に。

The Temperature Adjustments

温度調整

Another example is the continual adjustments made to historical
temperature data. There are many error sources in temperature
measurements that can cause false trends. Population growth, more
asphalt and buildings and other things all produce spurious patterns in
the data over time, and they, therefore, must be corrected.

もう一つの例は、歴史的な温度データをずっと調整していることだ。偽のトレンドを作り出すために観測データを調整する要因が多岐にわたり在る、人口増加、路面舗装そしてビルディング建設、その他長期に渡る調整項目、しかるに観測生データは調整せねばならない。

Most of the known error sources produce a false warming trend, and
therefore the data need to be adjusted downward. However, since 2008,
the National Climate Data Center (NCDC) has been producing modified data
sets with the opposite effect. The graph  shows the changes made to the data lately. Notice how the past has become cooler and the recent decades have been made warmer.

よく知られた誤差要因により偽の温暖化トレンドが捏造された、というわけでデータは下方修正する必要がある。しかしながら、2008年以来、National Climate Data Center(NCDS)は全く逆の補正をし続けた。上のグラフはデータを補正するために利用されたものだ。見ての通り過去のデータは寒冷化し最近期のデータは温暖化するように調整されている。

What are the odds that every time a new data set is released, they
have found some more warming? The behavior strongly resembles a pattern
seen in elections in some districts where there is a close race between
Republicans and Democrats. Time after time, if a Republican wins,
someone “finds” some “lost” or “late” ballots and when they are counted,
they mysteriously turn out to be almost all Democrats. Strange that.

新たなデータが開示されるたびに、少しずつさらなる温暖化が見出されたことか。これはまるで米国のある地域で共和党と民主党がせめぎ合っている地域での選挙パターンを見ているようだ。何度も何度も、共和党が勝つと言うなら、だれかが「無効票」を見つけ出す、数え直すたびにだ、民主党にとってはもうミステリアスな結果となる。奇妙なことだ。

Vigilance Is Needed

不正に対する注意が必要

It could very well be that the temperature adjustments are
scientifically sound, but if it were a fraud, this is precisely what you
would expect to see. They leave the strong sense that many career
alarmists are worried about their future and reputation and that actions
are being made to change the observations so that they are in better
agreement with the climate models.

観測温度の補正が科学的に正しいものなら問題はない、しかしこれがデタラメならどうか、これがまさにみなさんが目の当たりにしているものだ。多くの警告論者は自らの将来と評判を懸念している、気候モデルと観測の間に齟齬が無いように動いている。

Since the legacy media is staying wholly silent and uncritical of the
climate community, it is vital to remain vigilant and remind people of
the dubious nature of their endeavor. The science is not settled, and
there is even a chance that the greatest scandal in scientific history
is in the making. The answer may come sooner than you think.

伝統的なメディアは全く沈黙を守り気象学者コミュニティに批判の目を向けない、この怪しげな行動に人々が疑念を持たないように注意深く振る舞っている。科学的な結論はまだ定まっていない、そして科学史上始まって以来の最大のスキャンダルが起きている可能性がある。結論がでるのはみなさんが思うよりも早いかもしれない。

See also Liberty Nation’s:

Liverty Nationsを参考に:


Source: ContrarianJ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 今年10月初旬のRipple(リップル)カンファレンスにクリントン元大統領が登壇、基調講演を…
  2. Gold Shorts Near Record! Adam Hamilton&nb…
  3.   はーいどうも コカ・コーラの第2四半期決算と記AT&T決算がありましたので 記…
  4. 現在日本のGDPは500兆円、企業債務は1700兆円、政府債務は1300兆円、家計債務は300兆円で…
  5. As gold started falling on that deluge o…

ランキング

Rakutenランキング

ページ上部へ戻る